きちんと嚙んでいますか?

  • 2011.10.28 Friday
  • 10:21
現代人は嚙む回数が減っているといわれています。古代から現代の食事を復元し、咀嚼回数を測定した実験があるのですが、現代の食生活では咀嚼不足になりやすいことがわかっています。
例えば、弥生時代には、ハマグリの潮汁・くるみ・くり・鮎の塩焼き・カワハギの干し物・長芋の煮物・もち玄米のおこわなど、約51分の時間で3990回、平安時代では、ブリとアワビの煮物・カブ汁・大根のもろみ漬け・ご飯などで約31分で1366回、鎌倉時代では、玄米おこわ・イワシの丸干しなど、約29分で2654回と嚙んでいて、昭和初期までは1420回嚙み、約22分間、1回の食事にかかっていました。現代においては約11分で620回程度という実験結果でした。
では、どうして嚙むことが大切なのでしょうか?食べ物を口にいれると歯で噛み切ったり、上下の歯ですりつぶしたりします。これを咀嚼といい、唾液分泌を高めてくれ、唾液が小さくなった食べ物と混ざり滑らかになるので飲み込みやすくなります。この飲み込むことを「嚥下(えんげ)」といいます。
そして、この時に使われる筋肉を咀嚼筋(そしゃくきん)と呼び、細胞中にエネルギーを生産する器官であるミトコンドリアを多く含むので持続的な食べるという運動を可能にしています。又、顔の表情筋や頭部の筋肉も連動して働いています。側頭筋というこめかみ付近にある扇形の筋肉で口を閉じたり、あごを後方に引く時に働きます。咬筋という歯を食いしばった時にあごの外側で硬くなる筋肉は硬い食べ物を噛み砕くときに働きます。他にも、外側翼突筋(口を開くときに働く)や内側翼突筋(下のあごの骨を左右に動かすのに働く)がありますが、咀嚼は、他にも脳を刺激する・感覚の反応を高める・消化吸収をよくする・誤嚥性肺炎(口腔内には多種多様の細菌がすんでいて、病気や加齢などにより飲み込む機能や咳をする力が弱くなると、口腔の細菌や逆流した胃液が誤って気管に入りやすくなり、その結果、発症するのが誤嚥性肺炎です)の予防をしたりと全身の健康に関わっているのです。なので、食物を食べる時はゆっくりよく嚙んで食べるようにしましょう。
次回は、唾液のことについてもうちょっと詳しくお伝えしたいと思います。



自然正体
ふくおか正体所(福岡)
福岡市早良区田隈3−51−7−101
TEL092(864)6887
携帯080−5241−9367
所長 飽田謙二


自然正体
さが正体所(佐賀)
佐賀市川副町南里1194-12
TEL0952(97)8317
所長 飽田謙二


見る 人気ブログランキングへ応援お願いします
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM