副鼻腔炎

  • 2008.03.28 Friday
  • 19:03
JUGEMテーマ:健康


38才  男性 


病院で<副鼻腔炎>と診断される。

薬を服用するが、変化が見られず、来院される。
病院では、アトピー性も考えられるとのこと。

基幹の型の後、アトピー性も考えられるということなので、○○○牽引法を多めにやり
副鼻腔炎の治療法を、創始者の山田先生に質問しました。


回答

それは、上半身の緊張が原因です。
腕、胸、背中、首から上の筋肉の緊張を取ること。
あと、顎関節の施術も。
○○のやり方は、顎を右と左に○○する。

→施術後、鼻のとおりは、完全ではありませんが、初めより良くなったとのことでした。

継続して行けば、もっと良く改善します。

バスケットボール ふくおか自然形体院   飽田 謙二

バスケットボール 福岡県福岡市早良区田隈3-51-7-101  電話 092−864−6887



  地図もご覧ください。

人気ブログランキングへお願いします

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM