筋膜炎(左坐骨部)

2013.02.19 Tuesday 19:21
0
    13才・・男性・・野球部

    24年12月から左坐骨あたりが、左脚を内に捻ると痛くなる。

    だから、ボールを投げる動作やバットを振る動作で激痛。

    捻らなければ何をしても痛くないので、我慢して練習をしていたが、

    2月になると、いよいよ我慢できなくなり、整形外科を受診する。

    診断は、坐骨部の筋膜炎とのこと。

    このお子さんは、昨年8月に肘が痛く肘をまっすぐ伸ばせなくて、

    走るときも振動で痛い、キャッチボウルも出来ない。

    という症状で当院に1回だけ来られていた方です。

    昨年の治療のあとを聞くと、

    「あれから、痛みがなくなり、元気に野球できています」

    とのこと。

    症状:

     左脚を内に捻ると激痛。外に捻るのはまったく痛みなし。

     痛みの箇所は、坐骨のハムストリング付着部あたり。

     強く押すと圧痛あり。

    施術:

     痛みのないように、坐骨付近を、飽田式筋膜リリース法を行う。

     5分ほどの施術。

     患者さんに痛みの確認をしてもらう。

     投球動作・・・・        痛みなし

     思いっきりでの投球動作・・・・ 痛みなし。

     スイング動作・・・       痛みなし。

     思いっきりでのスイング動作・・・痛みなし。

     捻ることでの痛みが解消。

    もう一度、飽田式筋膜リリース法を施術し終了。

    自然正体
    ふくおか正体所(福岡)
    福岡市早良区田隈3−51−7−101
    TEL092(864)6887
    携帯080−5241−9367
    所長 飽田謙二


    自然正体
    さが正体所(佐賀)
    佐賀市川副町南里1194-12
    TEL0952(97)8317
    所長 飽田謙二





    category:筋膜炎 | by:飽田謙二comments(0) | -

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM