尺骨骨折(右)

  • 2012.07.05 Thursday
  • 11:56
56才・・女性・・・エステシャン

足を滑らせ転倒した際に、手をつき右手首、前腕を痛める。

明日、どうしても断れないお客さんがあるとのことで

なんとか、動くようにならないか・・

ということで当院へ・・

症状:

 右手首、前腕手首側が腫れて熱をもっている。

 前腕尺骨側に広く内出血がみられる。

 手首を動かすのが激痛。

施術:

 筋肉の緊張をとり、●●のズレの修正。

施術後:

 腫れも随分おさまり、内出血も薄くなる。

 手首を動かす動作での痛みはなくなるが

 手首をねじる動作での痛みが少しのこる。

 これなら明日の仕事は出来るだろうとのこと。

 早めに、整形外科でレントゲン検査をしてもらうように言う。

一週間後:施術

 その後、仕事は無事こなしたとのこと。

 整形外科でレントゲンを取ってもらうと

 先生・・・

 「完全に右尺骨を骨折してますね」

 「しかし、骨折しているのに腫れもあんまりなくて、痛みもなく

  手首が動かせるなんて、すごい回復力ですね」

 「とりあえず、ギブスをしときます」

 とのこと。

 患者さん:

  「私が見ても完全に骨折しているのがわかりまた。」

  「その写真を見てから、痛みがでたような?」

 内出血もほとんどなくなり、腫れも落ち着いている。

 筋肉の緊張をとり、軽く手首の修正。

二週間後:施術

 ギブスを外して来院される。

 患者さん:

 「二日前、整形で二度目のレントゲンをとりました。」

 「そしたら、私が見た感じ、どこを骨折しているのかわからなかったんですよ。

  前回は、あんなにはっきりわかったのに。それで先生にどこを骨折してるんですかって

  聞いたぐらいです」

 先生:

 「尺骨ではなく、手首の骨にヒビがはいっています」

 「あなたは、非常に回復力が高いから自力で治してください。」

 と言われたそうです。

施術:

 手首を内旋すると、ひっかかりを感じるとのことで、その修正をする。

 手首も前腕も全方向に動かして問題なし。

  
自然正体
ふくおか正体所(福岡)
福岡市早良区田隈3−51−7−101
TEL092(864)6887
携帯080−5241−9367
所長 飽田謙二


自然正体
さが正体所(佐賀)
佐賀市川副町南里1194-12
TEL0952(97)8317
所長 飽田謙二








 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM