きちんと嚙んでいますか?

2011.10.28 Friday 10:21
0
    現代人は嚙む回数が減っているといわれています。古代から現代の食事を復元し、咀嚼回数を測定した実験があるのですが、現代の食生活では咀嚼不足になりやすいことがわかっています。
    例えば、弥生時代には、ハマグリの潮汁・くるみ・くり・鮎の塩焼き・カワハギの干し物・長芋の煮物・もち玄米のおこわなど、約51分の時間で3990回、平安時代では、ブリとアワビの煮物・カブ汁・大根のもろみ漬け・ご飯などで約31分で1366回、鎌倉時代では、玄米おこわ・イワシの丸干しなど、約29分で2654回と嚙んでいて、昭和初期までは1420回嚙み、約22分間、1回の食事にかかっていました。現代においては約11分で620回程度という実験結果でした。
    では、どうして嚙むことが大切なのでしょうか?食べ物を口にいれると歯で噛み切ったり、上下の歯ですりつぶしたりします。これを咀嚼といい、唾液分泌を高めてくれ、唾液が小さくなった食べ物と混ざり滑らかになるので飲み込みやすくなります。この飲み込むことを「嚥下(えんげ)」といいます。
    そして、この時に使われる筋肉を咀嚼筋(そしゃくきん)と呼び、細胞中にエネルギーを生産する器官であるミトコンドリアを多く含むので持続的な食べるという運動を可能にしています。又、顔の表情筋や頭部の筋肉も連動して働いています。側頭筋というこめかみ付近にある扇形の筋肉で口を閉じたり、あごを後方に引く時に働きます。咬筋という歯を食いしばった時にあごの外側で硬くなる筋肉は硬い食べ物を噛み砕くときに働きます。他にも、外側翼突筋(口を開くときに働く)や内側翼突筋(下のあごの骨を左右に動かすのに働く)がありますが、咀嚼は、他にも脳を刺激する・感覚の反応を高める・消化吸収をよくする・誤嚥性肺炎(口腔内には多種多様の細菌がすんでいて、病気や加齢などにより飲み込む機能や咳をする力が弱くなると、口腔の細菌や逆流した胃液が誤って気管に入りやすくなり、その結果、発症するのが誤嚥性肺炎です)の予防をしたりと全身の健康に関わっているのです。なので、食物を食べる時はゆっくりよく嚙んで食べるようにしましょう。
    次回は、唾液のことについてもうちょっと詳しくお伝えしたいと思います。



    自然正体
    ふくおか正体所(福岡)
    福岡市早良区田隈3−51−7−101
    TEL092(864)6887
    携帯080−5241−9367
    所長 飽田謙二


    自然正体
    さが正体所(佐賀)
    佐賀市川副町南里1194-12
    TEL0952(97)8317
    所長 飽田謙二


    見る 人気ブログランキングへ応援お願いします
    category:健康豆知識 | by:飽田謙二comments(0) | -

    皆さん、お米を食べていますか?

    2011.10.03 Monday 17:10
    0
      皆さん、お米を食べていますか?

      皆さん、ご存知ですか? 昔の小柄な日本人のほうが 大柄な現代人に比べるとはるかに病気になる確率が低い・・・という事を。
      戦後、確かにパンや乳製品、肉や卵など動物性食品をたくさん食べるようになり、骨や筋肉が大きくなって身体が大きくなりました。しかし、内臓の大きさは戦前からほとんど変わっていないのです。何千年、何万年もかけて大きくなったのなら問題ではないのですが・・・内臓は60年あまりで急速には大きくなれません。なので、現代人の内臓は昔に比べて働き過ぎているのです。
      また、成人病と言われていた病気が子どもに増えてきて、今では生活習慣病と呼び名が変わりました。もともと、お米を食べる伝統的な食生活を送っていた日本人は、多量のパン用小麦粉・乳製品・卵などたくさん処理する能力の遺伝子を持っておらず、日本人の体内での処理能力が超えてしまってアレルギー等を起こしているようです。よって、お米は古来から続いている食べ物で日本人には害が少なく、食物アレルギーの原因となる頻度はとっても低いのです。
      そして、以外ですが、何よりお米はアミノ酸バランスがとてもよく、疲労回復の働きを持つビタミンB1や老化を防止するビタミンEも多く含まれています。夏で気温の高い暑い日はなかなかお米を食べる機会が少なくなりますが、ご飯をよく噛むことで免疫も上がりますのでぜひ食してください。
      特にスポーツをしている方や子どもたちの持久力をあげるには、お米が1番だといわれています。

      自然正体
      ふくおか正体所(福岡)
      福岡市早良区田隈3−51−7−101
      TEL092(864)6887
      携帯080−5241−9367
      所長 飽田謙二


      自然正体
      さが正体所(佐賀)
      佐賀市川副町南里1194-12
      TEL0952(97)8317
      所長 飽田謙二



      見る 人気ブログランキングへ応援お願いします
      category:健康豆知識 | by:飽田謙二comments(0) | -

      生活習慣病の予防について

      2011.09.28 Wednesday 16:28
      0
        かつて生活習慣病は「成人病」と呼ばれ、主な原因は加齢によるものと考えられていました。しかし、成人病の発症には生活習慣が深く関係していることから、生活習慣病と呼び名が変わりました。
        その名の通り、生活習慣病は生活習慣に着眼し、また、3大要因の外部環境要因(病原体、有害物質、事故)・遺伝要因(遺伝子異常、加齢)・生活習慣要因(食生活、運動、喫煙、休養)が揃い発症するといわれています。生活習慣要因に伴う主な病気としては、食習慣から糖尿病・肥満・高脂血症・大腸ガンなど、運動習慣から食習慣からと同じような病気で喫煙からは、慢性気管支炎・肺気腫・肺扁平上皮ガン・歯周病などといわれます。
        よって、生活習慣病のことが気になる前に、日頃からの健康維持・増進で1次予防し、病気の早期発見・早期治療で2次予防していきたいものです。2次予防に関しては医療機関に頼まざるを得ない部分がありますが、1次予防は毎日の正しい生活習慣が対策になります。
        例えば、外食が多い人は減らしたり、夜遅く食事をしたりしないで、ゆっくりよく噛んで食べるようにする。運動は、激しくおこなわなくていいので、なるべく近くに行くときは歩き、休みの日は1日中ゴロゴロしないで、身体を動かすことをこころがけ、喫煙しないで、お酒は毎日飲むのはやめ、休肝日を作るようにしましょう。そして、1番はストレスを溜め込まないように上手に休養をとっていきましょう。そうすることで、かなりの危険因子が避けられることと思います。


        自然正体
        ふくおか正体所(福岡)
        福岡市早良区田隈3−51−7−101
        TEL092(864)6887
        携帯080−5241−9367
        所長 飽田謙二


        自然正体
        さが正体所(佐賀)
        佐賀市川副町南里1194-12
        TEL0952(97)8317
        所長 飽田謙二


        見る 人気ブログランキングへ応援お願いします
        category:健康豆知識 | by:飽田謙二comments(0) | -

        Calender
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM