顔面麻痺(ラムゼイハント症候群)

  • 2012.05.23 Wednesday
  • 20:00
36才・・男性・・・会社員

 昨年12月30日に右耳に帯状疱疹ができた。

 その後、右顔面に麻痺が出てくる。

 今年1月5日に入院・・・1月29日に退院する。

 入院中もまったく回復せず麻痺が酷くなる。

 現在、右顔面はまったく動かない。

 押すと痛みあり。

 病院では、このまま麻痺が残る場合も多いとのこと。

 そこで、当正体所をブログで見つけ3月4日に来所。

症状:

 右顔面が麻痺し、話したり笑ったりすると顔が大きくゆがむ。

早速、施術開始:

 施術後僅かだが右頬が動くようになる。

 この時点で、完全に麻痺は回復すると確信し患者さんに

「この麻痺は、必ず回復します。一緒にがんばっていきましょう」

 と告げる。

現在、治療2ヶ月が経過:

 話したり、笑ったりしても顔面麻痺が殆どわからないまでに回復。

 まだ、目をしかめる動作が完全にできない。

その後の治療経過を随時報告します。

 このブログは、搭載を確認したところ

 「是非、顔面麻痺で困っておられる方のためにも載せてください。」

 とのことでした。

自然正体
ふくおか正体所(福岡)
福岡市早良区田隈3−51−7−101
TEL092(864)6887
携帯080−5241−9367
所長 飽田謙二


自然正体
さが正体所(佐賀)
佐賀市川副町南里1194-12
TEL0952(97)8317
所長 飽田謙二


ラムゼイハント症候群(顔面麻痺)

  • 2011.10.09 Sunday
  • 12:40
17才・・女性・・・学生

当院へ来られるまでの経緯

8月初旬、頭痛が酷く、耳の奥が痛い、耳鳴りが酷い。右側ののどが痛い。

8月14日 病院にて受診する。

      夏風邪と診断される。

その後、舌にヘルペス。

次の日、右顔面がおかしい。右側顔面麻痺があらわれる。

8月19日 別の病院を受診。

      ラムゼイハント症候群と診断される。

そのまま、入院。・・・・・

 ステロイド治療・・・・1週間

 入院中も顔面麻痺症状はひどくなる。

 入院10日目・・麻痺は回復せず退院・・・投薬に。

病院の先生曰く・・・

  「50〜60%しか回復しないでしょう。麻痺は残り完治はしないでしょう」
   
   とのこと。

お母さんは、その言葉を聞き、この子を絶対に治してやる。あきらめない。

と思われたそうです。

ここまでが、当院へ来られるまでの経過です。

その後、8月30日 当院へ来院。 

右顔面は麻痺状態で、目の開け閉めが出来ない、口が左にゆがむ。

当日 治療・・・

 治療中ずーっと、患者さん目を見開いて、私を見ている。

 お母さん・・・

  「先生、すみません。先生の顔をずーっとみてて、治療がやりにくいでしょ。」

 私・・・

  「いえいえ、若い女性に見つめられるのは、悪い気はしませんよ。」 

  なにをされるのか心配だったんだな ・・・・・・・・・・・・・・・

治療後・・

 僅かに麻痺がとれ、右顔面が少し動き出す。

 患者さん・・・

 「わー・・動く、うごく」

9月10日・・2回目 

口が左右同じように動くようになり、笑いエクボが出来るようになる。

 目はもう少し、コントロールできない。

9月24日・・3回目 

 目も口も眉も左右変わりないほどに動きが回復。

 9月12日に、病院に受診したとのこと。

 お母さん・・・

  「先日、病院に行き先生に診てもらってらビックリされて{おーすごい、

   退院して2週間なのに}と言われました。で、整体に言って治してもらいましたと

   はっきり言いました。今度受診したらラムゼイハント症候群の患者さんに

   先生の整体院を紹介するようにいっときます。」(笑) とのこと。


10月8日・・4回目 

右顔面麻痺なし。

 普通の状態にもどる。ここで、施術終了。

 顔は女性の命・・・

 17才という今から青春を謳歌する時期に、麻痺が残らなくてよかった。

自然正体
ふくおか正体所(福岡)
福岡市早良区田隈3−51−7−101
TEL092(864)6887
携帯080−5241−9367
所長 飽田謙二


自然正体
さが正体所(佐賀)
佐賀市川副町南里1194-12
TEL0952(97)8317
所長 飽田謙二



見る 人気ブログランキングへ応援お願いします






 



顔面神経麻痺(ラムゼイハント症候群)

  • 2010.10.02 Saturday
  • 19:34
39歳・・・女性・・会社員

8月末に右顔面が麻痺するようになる。

病院に行き、ラムゼイハント症候群と診断され

回復する確立は50%だといわれる。

その後、当院へ紹介でこられる。

症状としては、目・口とまったく感覚がなく

顔が左にひっぱられ傾いている。

女性であり、会社勤めでかなりのショックを受けておられる。

1回目の施術:

 あまり変化なし。

2回目の施術:

 僅かに右口元が動く。

 患者さん曰く・・「暖かくなり血が通ってきた気がします。」

 とのこと。

 その後、患者さん病院に診察に行かれる。

 診察の結果:

 お医者さん「90%、回復する可能性があります。しかし口元から感覚が

 戻ってくるのは珍しいですね。普通、目から戻るのですが?」


 とのこと。

 50%の見込みから90%の回復見込みになり、患者さんも大喜び。

3・4回目の施術:

 4回目の治療で、普通に話してもまったく違和感がなくなる。

 見た目にも歪みがなくなる。

 その後、病院へ経過診察の結果:

 お医者さん:

 「もう一度、診察に来られたら、もう来なくてもいいですよ。」
 とのこと。

5回目の施術:
 ほとんど問題なし。

 顔面の筋肉を久しぶりに動かすので、そのこりで筋肉痛あり。

 あんなに酷かった顔面麻痺(ラムゼイハント症候群)が1ヶ月弱で
 
 回復できてほんとによかったです。

自然正体
ふくおか正体所(福岡)
福岡市早良区田隈3−51−7−101
TEL092(864)6887
携帯080−5241−9367
所長 飽田謙二


自然正体
さが正体所(佐賀)
佐賀市川副町南里1194-12
TEL0952(97)8317
所長 飽田謙二



見る 人気ブログランキングへ応援お願いします

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM