肩甲骨内側縁の痛み

2010.02.23 Tuesday 12:08
0
    14才・・女性・・中3・・テニス

    右肩甲骨内側が後方に突出していて、仰臥位で寝ても痛く

    触れるだけで痛みを訴えるので、両親が○○○医大に検査に行かれる。

    検査の結果、骨には異常なく、筋肉の緊張からきたもので、回復するのに

    時間がかかるとの事。

    当院に以前、腕の治療に来られていたので、一度見てもらおうと

    来院される。

    症状:

     前文のごとく、触れても「痛い」と訴える。

     
     右肩甲骨内側が後方に突出が酷い。

    施術後:

     右肩甲骨内側の突出は、1回の施術でまったくなくなった。

     それにつれ、痛みも大分回復するが、完全には取りきれず。

     2回目の施術で、痛みもほとんどなくなる。

     当然、右肩甲骨内側の突出もなし。

    自然形体療法は症状の原因を突き止め、痛みなく施術するので短期間で回復

    します。

    筋肉は普段は柔らかくないと、競技のとき最高の力を

    出すことはできません。

    スポーツをされておられる方、是非自然形体療法を受けてみてください。

    きっと、今以上の成績が出ると思います。

    自然正体
    ふくおか正体所(福岡)
    福岡市早良区田隈3−51−7−101
    TEL092(864)6887
    携帯080−5241−9367
    所長 飽田謙二


    自然正体
    さが正体所(佐賀)
    佐賀市川副町南里1194-12
    TEL0952(97)8317
    所長 飽田謙二


    見る 人気ブログランキングへ応援お願いします



      


    category:肩甲骨内側縁の痛み | by:飽田謙二comments(0) | -

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM